退屈を「格別」な日常に

~日々の退屈にクスッと笑いたくなる小ネタと格別を~

ひとりの時間って意外と大切

f:id:KR6ha:20210402161345j:plain:w360:h240
みなさん、こんにちはクロハですw

さて皆さんは、「ひとりの時間」と呼べる時間を第三者から「邪魔」されるのを嫌うタイプの人ですか?

私は嫌うタイプです。
ただし「特にすることもなくただ時間を無駄にしているとき」を除けば大丈夫な方です。
もちろん多忙であったり自分の中で優先すべきことがあればそっちを優先します。
ゲームをするにしても、ブログを書くにしても、買い物に行くにしてもです。
なによりも、プライベートな時間こそ至高の極みであるということです。
はい人はこれをぼっちの僻みじゃねぇか。
というかもしれません。
しかし、人間誰しも、こういう「一人の時間」を大切にしないとあとあと虚無に襲われるものですよ。

例えば友人や知り合いから「この日空いている??」などでお誘いがあったとき、中度その日はやっておきたいことがあった場合、あなたは「どちら」を取りますか?
その時の優先順位はどちらに傾きますか?
私はケースバイケースです。
親しいともであればそっちを優先しますが、時としてプラベを優先したい時もあります。
その時の理文句としては何と言いますか?
プラベの内容をお伝えしますか?
私はあくまで「私用」と言葉に濁します。
もちろん、その日のことを伝えるのもいいかもしれません。しかし、時歳その中身を言いたくない人だっていますよね。私は後者に当たります。
どうでもいいこととか重要なこととか区別することなく、「私用」の一言と謝罪文を書いています。

これで納得してくれる人もいます。察してくれてありがとうございます。
時として腑に落ちず、ズンズンと「なんでなんですか!!」とその中身を解いてくる人もいます。私はこういう人が圧倒的に苦手です。
人には他人に言いたくないことの1つや2つあります。それを「なぜ」言わなければならないのか。私には理解ができません。

まあこれでこないだ一触即発になりかけたんですけどね。

さて話がそれましたね。
何はともあれ、友人と会い、楽しい時間を過ごすのもいいですが、毎週のように遊べるなんてことはないです。
ですので、「ひとりの時間」何をするか、どんなことをしようかなどその時の楽しみ方を見出しておくと、後々たのしいことになりますよ。
あと誘っても断られる場合は、引き下がりましょうね。
引き下がることもまた相手を慈しむ思いやりであり、日本人ならではのいいところです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
それではまた次回w

トップへ戻る